フェイシャルトリートメントからメイク、撮影までをすべてトータルで行います

3日目

美容のこと、写真のこと、介護のこと、自分のことをバランスよく投稿していかれたらと思います。

当時、93歳になるおばあちゃんがいました。生きていたら今は100歳を優に超えています。旧家のお嬢様で、子供の頃に旅行にいく時は「おんぶ係」という人がいてほとんど長距離を歩いたことがなかったと話していました。

その後の人生もお金には全く苦労はない人生でしたが、お子さんには恵まれず、ご主人が亡くなった後に施設にご入居されていました。

上げ膳据え膳のゆうゆう自適な老後生活なのですが、そのおばあちゃんの口癖は

「生きているのが辛い。なんでこんなに長生きなのだろう早く死にたい」でした。

介護職員は「共感する」という教育を受けます。

あるスタッフが「お辛いですよね。わかりますよ。」と言いました。

「あなたに何がわかるの?」とおばあちゃんは言いました。

その通りですよね。老化による身体的苦痛や、孤独による不安や寂しさ。経験したことがないことわかるわけがないです。

当事私は、

想像することは出来ても共感してあげられない” 

ということがとても悲しかったことを覚えています。

人生を重ねて、色々なトラブルがあったり病気になったりする度に

「これを乗り越えたら、同じ境遇の人の気持ちを共感できる」

そう思うと、年齢を重ねることがマイナスではなく成長に感じることができてきます。

最近老眼に乱視が入ってきて文章を読むのが苦痛です。仕事にも弊害が及んでいます。

またひとつ、成長のチャンスが巡ってきました(笑)

カテゴリー: 代表ブログ