フェイシャルトリートメントからメイク、撮影までをすべてトータルで行います

前回のブログで

「初めましてのお客様をどれだけ瞬時に好きになれるか

の話の続きです。

そもそも私は、あがり症の人見知りです。

外で元気に遊ぶより、お家で本を読んだり絵を描くほうが好きな子です。

スィッチがOFF状態の時は、ひとりでいるのが心地よいと思う人間なのです。

さて、そんな私が今みたいになったのは今から約24年前に遡ります。

家の近くにマクドナルドがオープンしました。オープニングスタッフとして募集があってアルバイトを始めました。

*写真はイメージです。マクドナルドのハンバーガーではありません。セブンイレブンです(笑)

私はフロアサービスを主に担当をしていたのですが、店長が厳しかった。

店内にいる時は常に笑顔!

ゴミを拾っている時も、テーブルを拭いている時も、掃除をしている時も常に笑顔!

常に笑顔でフロア全体を見回しながら、手元だけゴミ拾いや掃除をすること。作業に集中してお客様の様子がわからなくなってはだめ。

常に耳はいろんな音を聴き取れるようにすませておくこと。たとえ誰かと会話している時でも。

カウンターから「いらっしゃいませ!」の挨拶は自動ドアの向こうまで届くようになるまで指導されます。(高校の部活みたいです)

掃除は誰も見ない場所。

例えばトイレットペーパーホルダーの芯を挟むペコペコ(わかるかな?)の下側。ダストボックスの扉の裏側までチェックすること。

そしてサジェスト

「ご一緒にポテトはいかがですか?」のあれです。

成功率を競うコンテストとかも常にありました(今はないだろうけど)

厳しい指導のおかげで培ったもの。

それは・・・

度胸と図々しさ(笑)

スイッチさえ入れてしまえば基本的に怖いものは無くなりました。

ここでの様々な経験はその後、福祉の現場でも非常に役立つことになるのです。

冒頭に書いた

「初めましてのお客様をどれだけ瞬時に好きになれるか」

とは少しずれてますよね。

それは16歳の少女との出会いからでした。

彼女との出会いは、のちの私に大きく影響を及ぼしてくれることになるのでした。

何があったか、続きは次回。