フェイシャルトリートメントからメイク、撮影までをすべてトータルで行います

人はつながっていて

仕事もつながっているなと

だからみんなに自分を知ってもらうのが大切だなと

感じる日々です。

   

私の本業はカメラマンだけど

モデルのお仕事もするし、記事を書いたり取材をしたりもします。

介護のお仕事もしますし、メイクもします。

そしてどの現場に行っても

自分の本業のお仕事の話をします。

高齢者を綺麗にしたいんです!!

キラキラしていた時代の気持ちを思い出してもらいたいんです。

周りのみんなからおばあちゃん可愛い、綺麗と声をかけてもらいたいのです。

その幸せな時間を写真という記録に残して、自信を持ってもらいたいのです

  

とても、暑苦しい想いを伝えます。

だって・・・・

とにかく、知ってもらわないと

たくさんの人を幸せにすることができないから。

    

    

ライターをしているWebマガジンでも、記事に載せる写真だけは一生懸命時間をかけて撮るようにしています。

ダメ元で、色んな提案もぶつけます。

そのおかげで、自分の持っているコーナーだけじゃなく記事を書かせてもらったり写真を使ってもらったり、少しづつだけど使ってもらえるようになりました。

記事を書いたことが縁でお仕事になることもあります。

    

上手いかどうかではなく、一生懸命に丁寧に撮影したんだなって気持ちが伝われば現段階では良いと思っています。

これが今の自分のMAXという仕事をすればいい。それ以上は出来ないし。

商品のモデル兼カメラマン兼ライターの仕事もできるようになりました。

   

  

モデルのオーディションとかでも必ず自分の仕事の話をするようにしています。

撮影が決まったら、頼まれてもいないのに、その商品を撮影して現場に持っていってポートフォリオをクライアントに見せたりします。

その甲斐あって、クライアントさんからカメラマンとしてのお仕事の依頼をもらうことができました。

  

なんでもやってみるもんです。

  

断られること90%

でも、何もしないより印象に残ります。

そこからお仕事につながったりします。 

というか繋げて見せます。くらいの感じです(笑)

   

会長には「図々しい」といわれます。

  

図々しい自覚はあります。

  

でも、

「私がやらなきゃ誰がやる?」

 

コロナでこんな状況で、高齢者に関係する仕事は難しいです。

  

だからこそ、色んな仕事をして行かなくてはいけないし、必ずやってくるコロナ終息の後に

たくさんの人を幸せにするために、この仕事を知ってもらわなくてはならない。

この仕事を一緒にやりたいねって言ってくれる仲間のためにも。

  

輝かしい経歴もない凡人のおばちゃんは

引き続き、戦車の如く走ります。

  

今後ともよろしくお願いいたします。